*

分析機器と測定機器の違いについて

公開日: : 買取品

こちらでは主に測定機器関係のお品物の買取や中古にまつわる話題をアップしておりますが今回はちょっとしたコラム的なものをやってみようと思います!

今回のテーマは「分析機器について」です。

分析機器

そもそも分析機器とはなんぞや?

分析機器とは、物質を構成している細胞などの組織や構造などを測定するために使う装置や器具のこと指します。

建物の状態や生物の体などの構造を、定期的に測定する機能を搭載しているのが特徴の一つです。

使用する分野は様々で、公害などの測定や医療などにも活用されることがあります。

建物の建築や開発などの現場で使用する測定機器としても使われることが多く、保安や作業環境などを分析していくのが特徴です。

測定機器として使用するためには、対象物に合わせて適切な機器選択することが大切なことになります。目的に合わない機種を選択してしまうと、時間を掛けて測定を行っても正確な結果を得ることができません。

用途や目的に合わせた機器が必要で、使用するためには経験や知識が必要です。

分析できる分野は大変多くあり、それぞれの特徴に合わせた機器が用意されています。電気工事や配線設備などに用いられるのは、電気化学分析機器です。

一口に電気化学といっても様々な測定が必要になるので、電気滴定装置やポーロラグラフや電量を分析できできる機器などがあります。

電気工事などで使用すると、原因が分からなかった故障個所などの分析をすることが可能です。建設現場などの便利に使うことができる非破壊検査機器も、測定機器の仲間の一つになります。

非破壊検査機器の特徴は、建物のなどの内部構造を破壊することなく測定することができる点です、測定する時はX線を使用することが多く、建物の壁や床などの表面を破壊しなくても内部の様子を知ることができます。

解析や分析などの作業をリアルタイムで進めることが可能なので、測定が必要な個所を次々に検査することが可能です。

内部構造をしっかりと確認するためにはX線が必要で、建物を壊さずに短時間で正確に調べることができます。金属や化学製品などを測定する時には、表面組織分析などができる機器も使用します。

医療や食品などの研究開発には、熱の状態を分析できる機器が必要です。化学物質や食品などの熱による変化を、リアルタイムで分析することができます。

物質などの性質や重さなどを測定するためには、多くの機種で赤外線や可視光線や紫外線などの光を使っているのが特徴です。

分析機器はこれらの光を対象となる物質などに照射した後、反射する様子や透過する過程や強弱などを測定ししていくのが特徴の一つです。

電磁波などを用いて測定する場合もあり、これらの方法を総称して光分析と呼んでいます。検査をする時に多く使われているのが、X線を利用して測定する機器です。

X線の特徴は、エネルギーが高く波長が短い点です。他の分析方法では熱などを発生してしまうことが多く、対象物の表面を燃やしたり溶かしてしまうことも少なくありません。

このような事態になってしまうと、対象物の測定自体が不可能になってしまいます。測定を続けても、正確な分析をすることができずデータとして使用することができません。

X線用いる機種を使えば、対象物質の表面を燃やしたり傷つけたりする心配がありません。検査対象を傷つけることなく、内部構造などを正確に知ることが可能です。

物質の表面を壊さずに調べることができるので、建設現場などで行われることが多い非破壊検査に使われることが多いのはこのような理由からです。

液体や気体などに含まれている物質の測定には、クロマトグラフィーと呼ばれている方法を使います。香水などの化粧品や医薬品などの表示には、含まれている成分の分析が必要です。

クロマトグラフィーは、香水などのような混合物を分離して検査することができます。

香水などに含まれている成分以外にも、含有量などを正確に測定できることが大きな特徴です。

質量分析法ができる機器を利用すると、原子や分子をイオンレベルまで質量や数などを分析することが可能になります。

通常の物とは異なり、物質を構成している原子や分子などをイオン化して測定することができるのがこの分析機器の大きな特徴の一つです。

原子などを1個ずつのイオンに変えてしまうので、大変正確な分析作業を可能にしています。

対象物質を拡大して観察することが可能な電子顕微鏡も、分析機器の仲間の一つです。

非常に小さい物質は、肉眼や通常の顕微鏡で見ることは不可能です。電子顕微鏡は、光顕微鏡のように光を利用して対象物を見るのではありません。

電子線と呼ばれる特殊な電磁波を使って対象物を見るので、光顕微鏡よりも高い倍率での測定を可能にしています。電子顕微鏡によっては数万倍という高い倍率が可能です。

肉眼などでは不可能な小さな物質でも、電子顕微鏡を使えば大きく正確に分析することができます。

このように物質や建物を調べる時に使うことが多いのが測定機器です。測定対象となる物は大変種類が多いので、目的などに応じて選択することが大切になります。

調べる分野や必要とする結果を得るためには、使用する分析機器の選択を間違えないようにすることが必要です。

関連記事

オシロスコープの基礎知識

こんにちは!こちらのコラムページでは日々測定機器買取のお知らせをしていますが、今回は基礎知識編の第一

記事を読む

DC電源(直流安定化電源)の買取もお任せください

あらゆる産業分野で非常に使用率が高い測定器の中にDC電源があります。 一言でDC電源といっても

記事を読む

ネットワークアナライザーの買取について

中古需要の高いネットワークアナライザについて簡単な紹介を交えて買取お知らせさせていただきます

記事を読む

絶縁抵抗試験器の買取について

  皆さんは絶縁抵抗試験器をという測定機材をご存知でしょうか? 電子機

記事を読む

磁界測定器の買取りもお任せください

磁界測定器というと測定機の中では比較的最近に誕生した機器ということもあり、一般的には馴染みのない品物

記事を読む

FFTとはなんなのか?

一般的にオシロスコープは時間に対する電圧の変化を計測しますが、 FFTでは周波数ごとにどれだけ

記事を読む

ガスクロマトグラフの買い取りもお任せください。

ガスクロとも呼ばれるこちらの機械。 サンプル中の成分をそれぞれ分離することができる機器で、

記事を読む

8722

Agilentの8722ESを買取中

Sパラメータ・ベクトルネットワークアナライザ 8722ESの買取をお知らせしております。

記事を読む

パワーアナライザを高額買取中

こんにちは、今回はパワーアナライザの買取についてお知らせしております。 昨今、電気自動車を

記事を読む

オーディオ・アナライザーの買取もお任せください。

当社では電子計測器の中でも特にオーディオアナライザーの買取に注力しております。 キーサイト(アジレ

記事を読む

オーディオ・アナライザーの買取もお任せください。

当社では電子計測器の中でも特にオーディオアナライザーの買取に注力してお

分析機器
分析機器と測定機器の違いについて

こちらでは主に測定機器関係のお品物の買取や中古にまつわる話題をアップし

ケーブルアンテナアナライザの買取について

アナライザーにも色々な種類がありますが、今回はケーブルアンテナアナライ

ガスクロマトグラフの買い取りもお任せください。

ガスクロとも呼ばれるこちらの機械。 サンプル中の成分をそれぞ

絶縁抵抗試験器の買取について

  皆さんは絶縁抵抗試験器をという測定機材をご

→もっと見る

PAGE TOP ↑